アタラックス

痒みを抑えてくれるアタラックス(Atarax)

アタラックスは、ファイザー株式会社が製造しているお薬です。

 

 

この薬は、主成分としてヒドロキシジン塩酸塩が含まれています。

 

 

このヒドロキシジン塩酸塩は、アレルギー反応の原因となるヒスタミンの働きを抑えてくれる作用があります。

 

 

皮膚科でアレルギーによる皮膚のかゆみやじんま疹の症状を緩和する目的で処方されるケースが多いです。

 

 

また、アタラックスは気分をリラックスさせる作用もあります。

 

 

そのため、精神科で処方されるケースもあります。

 

 

この薬を服用することで、神経症による不安・緊張・抑うつなどの症状を抑えることができ、精神的な安定をもたらしてくれるのです。

 

 

アタラックスの服用方法は、利用目的によって異なります。

 

 

皮膚科の治療のために用いられる場合には、成人で1日に2回から3回に分けての利用が目安となっています。

 

 

また精神的な治療のために用いる場合は、成人で1日に3回から4回となっています。

 

 

患者の症状によって薬の使用量は増減されます。

 

 

服用する際にはお水と一緒に飲むのが良いとされ、服用のタイミングは食後が原則となっています。

 

 

薬の効果を得るためには、医師から指示された服用方法や量をきちんと守ることが大切です。

 

服用する際の注意点

アタラックスは、副作用が起こりにくい薬といわれています。

 

 

薬の飲みはじめには、ねむけや倦怠感など軽度の副作用の症状が出てしまうこともあります。

 

 

また、まれに深刻な副作用を感じてしまう方もいます。

 

 

副作用の例としては、じん麻疹、胸部不快感、喉頭浮腫などのアナフィラキシー様症状、肝機能障害、黄疸などがあります。

 

 

気になる症状が起こった場合には、すぐに医師に相談してください。

 

 

アタラックスは、バルビツール酸誘導体、モノアミン酸化酵素阻害薬などと併用してしまうと、作用が強まってしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

 

また、アルコールによっても影響が出てしまうこともあるので、飲酒は控えるようにしてください。

 

 

ポルフィリン症、てんかん、緑内障、前立腺肥大症などの症状がある方が服用する場合には、薬の作用で症状を悪化させてしまう場合もあるので、慎重になったほうが良いとされています。

 

 

安全に使用していくためにも、問診時に普段飲んでいる薬やアレルギーのことを正確に医師に伝えておくことが大切です。

 

 

アタラックスを長期間服用していく場合には、検査を受けなくてはならない場合もあります。

 

 

医師の指示に従って、必ず検査に応じるようにしてください。

 

アレルギーなどにも使えるアタラックス

痒みなどが強い時は、薬を服用することによってその症状を改善する事が出来ます。

 

 

その薬の一つがアタラックスと呼ばれるもので、じんましんや痒みなどを抑える事が出来る薬です。

 

 

アレルギー症状によって強い痒みを感じている時に使う事ができ、アレルギー科や皮膚科などで処方されることが多い薬です。

 

 

また、不安や緊張の改善にも効果が期待できる薬なので、そういった目的でも処方されています。

 

 

ただ誰にでも使える薬ではなく、妊娠中の人は服用禁止、その可能性がある人は服用を注意しなければいけません。

 

 

妊娠中の場合、その成分が胎児に移行して影響を及ぼす事があるからです。

 

 

また同様に授乳中の人も服用は良くありません。

 

 

これは母乳に薬の成分が入ってしまう可能性があるからです。

 

 

どうしても服用しなければいけない時は授乳自体を止める必要があります。

 

 

また併用禁忌薬もあるので、病院で何か薬を処方されている人、さらに市販薬を使っている人もまずは医師・薬剤師にそのことを伝えるようにすべきです。

 

 

また精神を安定させる効果も期待できる薬ですが、他の安定剤と一緒に服用してしまうと副作用が出やすくなることがあるので注意しましょう。

 

アタラックス(Atarax)の副作用について

予想される副作用としては、眠くなったりだるさを感じる事もあります。

 

 

また口が渇いたり目がかすんだようになる事もあるので、気になる症状が出てきたら病院に相談するようにしましょう。

 

 

元々はそれほど副作用がない安全な部類の薬ですが、時には強い吐き気、血圧低下、発熱、発疹などが起きてしまう事もあります。

 

 

初めて服用する人は特に、どのような症状が出てしまうかをよく注意しておくのが重要です。

 

 

また日常的にアルコールを摂取している人は、できるだけ摂取する量を減らすようにしましょう。

 

 

時にはそのアルコールによって副作用が強く出てしまう可能性もあります。

 

 

強い痒みにも効果を発揮する薬ですが、時には眠くなってしまう事もあるので注意しましょう。

 

 

この薬を服用する時は車の運転を止める、さらに危険な作業はしないようにする必要があります。

 

 

さらに機械の操作も気を付ける必要があるので、仕事でどうしてもこれらを止める事が出来ない人は医師に相談してどうするかを決めるべきです。

 

 

アタラックスは経口薬で、服用する事で一定の効果が期待できます。

 

 

副作用も基本的には弱い部類の薬ですが、利用する時は注意して服用するようにしましょう。

 

 

また持病がある人、既に他の薬を服用している人は時にはその症状が悪化したり薬の効果で副作用が強く出てしまう事があるので、自己判断で服用を決めるのは危険です。